2021 Web Seminar

2021 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

本ウェブ技術セミナーは土木学会のCPDプログラムとして認定されております。
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

※ CPD申請の注意事項

2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて、CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し
ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

第1回
北見工業大学 准教授  宮森 保紀

日本最北の工学部から北海道東部の
インフラを守るための構造解析

土木学会CPD認定-1.0単位

第1回
第2回
横浜国立大学 教授  勝地 弘

斜張吊橋の構造・耐風解析と
長大化のための新構造形式

土木学会CPD認定-0.7単位

第2回
第3回
琉球大学 准教授  富山 潤

midas FEAを用いたASR劣化した
プレテンションPC桁の耐荷性能評価

土木学会CPD認定-0.9単位

第3回
第4回
関東学院大学 教授  吉田 望

地盤の地震応答解析のための
試験法・液状化に伴う流動の解析

土木学会CPD認定-2.0単位

第4回
第5回
東京大学 名誉教授 龍岡 文夫

飽和度と剛性の管理に基づく
盛土締固めの合理化(最近の動向)

土木学会CPD認定-2.0単位

第5回
第6回
宇都宮大学 准教授 清木 隆文

大谷石の採石跡地下空間の
有効活用への試み

土木学会CPD認定-1.0単位

第1回
第7回
立命館大学 教授 深川 良一

清水寺と土砂災害 -最近の境内
斜面崩壊事例と現地モニタリング-

土木学会CPD認定-1.0単位

第7回
第8回
横浜国立大学 教授 勝地 弘

斜めケーブル形式橋梁の
ケーブル安全率の解析的考察

土木学会CPD認定-1.4単位

第8回
第9回
岡山大学 教授 西村 伸一

逆解析による
軟弱地盤の変形予測

土木学会CPD認定-1.0単位

第9回

2021 第1回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

日本最北の工学部から-北海道東部のインフラを守るための構造解析
受講時間:60分44秒

講師

北見工業大学  宮森 保紀 先生
日本最北の工学部から-北海道東部のインフラを守るための構造解析

概要

地域性を構造工学の研究に取り込んだ例として、気温の変化に伴う橋梁の固有振動特性の変化を構造解析モデルで再現した事例、2016年北海道豪雨で発生した橋台の損傷や転倒の再現を試みた事例などを紹介します。

アジェンダ

section.1 自己紹介と研究所の紹介 (受講時間:15分59秒) 
section.2 PC鉄塔橋の固有振動特性の季節変動測定とFEM解析(midas Civil) (受講時間:22分26秒) 
section.3 橋台の支持地盤の洗掘を想定した非線形静的構造解析(midas FEA) (受講時間:22分18秒) 

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 1.0単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section-1
自己紹介と研究所の紹介

section-2
PC鉄塔橋の固有振動特性の季節変動測定とFEM解析(midas Civil)

section-3
橋台の支持地盤の洗掘を想定した非線形静的構造解析(midas FEA)

CPD申請書

※「2020 第1回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。



「2021 第1回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

2021 第2回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

斜張吊橋の構造・耐風解析と長大化のための新構造形式
受講時間:37分58秒

講師

横浜国立大学 勝地 弘 先生
斜張吊橋の構造・耐風解析と長大化のための新構造形式

概要

耐風安定性に優れた長大橋梁形式として、斜張橋、吊橋を組み合わせた斜張吊橋があるが、その最適な構造パラメータについて、構造力学、空気力学の観点から解析を行い、検討した。
また、近年、海外の長大橋梁において採用されている新構造形式について考察を行い、その有効性を検討した。

アジェンダ

section.1 なぜ風で橋が揺れるのか?  (受講時間:11分11秒) 
section.2 斜張吊橋  (受講時間:17分41秒) 
section.3 今後の超長大橋  (受講時間:8分43秒) 

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 0.7単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。

※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section-1
なぜ風で橋が揺れるのか?

section-2
斜張吊橋

section-3
今後の超長大橋

CPD申請書

※「2020 第2回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。



「2021 第2回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

2021 第3回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

midas FEAを用いたASR劣化したプレテンションPC桁の耐荷性能評価
受講時間:45分

講師

琉球大学 工学部 環境建設工学科  富山 潤 先生
midas FEAを用いたASR劣化したプレテンションPC桁の耐荷性能評価

概要

アルカリシリカ反応(ASR )により劣化したプレテンション方式のPC 構造物では、コンクリートの弾性係数およびプレストレスの低下などにより、耐荷性能の低下が懸念される。一方で、材料劣化したコンクリート構造物の耐荷性能評価に数値解析を適応する取り組みが行われ、その重要性が認識されてきている。

しかし、ASR 劣化したプレテンション方式のPC 構造物に関する適応性の検討は十分ではない。本講演では、ASR 劣化したプレテンションPC桁に対して、midas FEAを用いた数値解析的な耐荷性能評価の一例を紹介する。

アジェンダ

section.1 アルカリシリカ反応(ASR)とは (受講時間:18分) 
section.2 ASR劣化したプレテンションPC桁の耐荷性能評価 (受講時間:20分) 
section.3 ASR劣化した耐震壁の正負繰り返し水平加力実験の再現解析 (受講時間:7分) 

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 0.9単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section-1
アルカリシリカ反応(ASR)とは

section-2
ASR劣化したプレテンションPC桁の耐荷性能評価

section-3
ASR劣化した耐震壁の正負繰り返し水平加力実験の再現解析

CPD申請書

※「2020 第3回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。



「2021 第3回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

2021 第4回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

地盤の地震応答解析のための試験法・液状化に伴う流動の解析
受講時間:128分

講師

関東学院大学 吉田 望 先生
地盤の地震応答解析のための試験法・液状化に伴う流動の解析

概要

地盤の地震応答解析も用いる応力-ひずみ関係は繰返しせん断試験で求められている。しかし,この試験法に基づく解析は致命的な欠点を持っていることがわかってきた。この講座では,何が致命的な問題なのかを説明し,さらにそれを解決する試験法の提案法について説明する。

また,液状化に伴う流動は,地盤が広域で大きく変位する現象で,杭などの地中構造物に被害を発生させる。ここでは,液状化に伴う流動のメカニズム,設計における考え方,予測法などについて説明する。

アジェンダ

section.1 地盤の地震応答解析のための試験法 part1 (受講時間:18分34秒)
section.2 地盤の地震応答解析のための試験法 part2 (受講時間:17分39秒)
section.3 地盤の地震応答解析のための試験法 part3 (受講時間:15分45秒)
section.4 地盤の地震応答解析のための試験法 part4 (受講時間:13分03秒)
section.5 液状化に伴う流動の解析 part1 (受講時間:19分19秒)
section.6 液状化に伴う流動の解析 part2 (受講時間:14分54秒)
section.7 液状化に伴う流動の解析 part3 (受講時間:14分47秒)
section.8 液状化に伴う流動の解析 part4 (受講時間:16分34秒)

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 2.0単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section.1
地盤の地震応答解析のための試験法 part1

section.2
地盤の地震応答解析のための試験法 part2

section.3
地盤の地震応答解析のための試験法 part3

section.4
地盤の地震応答解析のための試験法 part4

section.5
液状化に伴う流動の解析 part1

section.6
液状化に伴う流動の解析 part2

section.7
液状化に伴う流動の解析 part3

section.8
液状化に伴う流動の解析 part4

CPD申請書

※「2020 第4回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。



「2021 第4回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

2021 第5回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

飽和度と剛性の管理に基づく 盛土締固めの合理化(最近の動向)
受講時間:113分

講師

東京大学・東京理科大学 名誉教授 龍岡 文夫 先生
飽和度と剛性の管理に基づく盛土締固めの合理化(最近の動向)

概要

盛土が建設される限り、効率的で的確な締固め管理による適切な性能を持つ盛土の効率的な建設は重要な課題であり続ける。Proctor1) は先駆的に、①高い乾燥密度ρdでは土構造物は安定しフィルダムでは遮水性が向上することから、締固めでは最適含水比woptでの最大乾燥密度(ρd)maxの実現を目指すべきこと、②含水比w < woptの状態で締固めると土は強く硬くなるが、湿潤化で大きく軟化・弱化することから避けるべきこと、③現場の締固めエネルギーレベル(CEL)が高い方が高い(ρd)maxが得られること、を指摘した。この枠組みは今日まで踏襲されているが、以下のように依然として幾つかの基本的問題が未解決と言える。

続きを読む

(1)現場の粒度等土質とCELは通常管理するが不可避的に変動するので、各地点でのwoptと(ρd)maxは室内試験による値に対してばらつき系統的にもずれて正確な値は不明な場合が多い。また、現場試料は室内試験に不適な大径粒子を含み、締固め状態と物性の礫率補正が必要な場合も多い(礫率補正の課題は、この小論では論じない)。

(2) 設計に関連して締固めを適切に管理するには、任意の締固め状態での強度・剛性や透水係数の推定が必要となる。設計で参照する強度・剛性の推定には、乾燥側で締固めるほど湿潤化・飽和化による軟化・弱化の考慮が必要となる。しかし、通常この全体像は明確ではない。

(3) 砂置換法等による現場の締固めた(ρd, w)状態の測定と対応する室内締固め試験は時間が掛かり、工事を遅延させ、また少数しか測定できず盛土の品質の一様性の把握が難しい。したがって、間接的でも迅速であるが信頼できる現場締固め状態の管理法が必要となる。

本講演では、上記問題(1)~(3)の解決を目指した提案をしている。すなわち、(1)飽和度Srによる締固め状態と締固め曲線の表現は土質とCELの変動に鈍感になり、Srの上下限値管理はこの変動に影響されにくく有効である。(2)締固め土の強度・剛性と透水係数はρdSrの関数であり、その関数に基づき所定の締固め状態での値を推定し管理できる。(3)現場地盤剛性の指標の上下限値管理が有効である。

アジェンダ

section.0 概要 (受講時間:8分00秒) 
section.1 乾燥密度(締固め度)と含水比の管理に基づく従来法での諸課題と飽和度管理を導入した解決策の概要(受講時間:25分30秒) 
section.2 最適飽和度と飽和度を用いて正規化した締固め曲線の客観性 (受講時間:19分00秒) 
section.3 乾燥密度と締固め時飽和度の関数としての締固めた土の物性 (受講時間:14分05秒) 
section.4 乾燥密度(締固め度)、含水比および飽和度の総合管理の提案 (受講時間:33分25秒) 
section.5 締固め土の剛性指標の上下限値管理 及び まとめ (受講時間:14分13秒) 

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 2.0単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section.0  概要

section.1
乾燥密度(締固め度)と含水比の管理に基づく従来法での諸課題と飽和度管理を導入した解決策の概要

section.2
最適飽和度と飽和度を用いて正規化した締固め曲線の客観性

section.3
乾燥密度と締固め時飽和度の関数としての締固めた土の物性

section.4
乾燥密度(締固め度)、含水比および飽和度の総合管理の提案

section.5
締固め土の剛性指標の上下限値管理 及び まとめ

CPD申請書

※「2020 第5回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。



「2021 第5回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

2021 第6回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

大谷石の採石跡地下空間の有効活用への試み
受講時間:52分

講師

宇都宮大学 准教授 清木 隆文 先生
大谷石の採石跡地下空間の有効活用への試み

概要

栃木県宇都宮市には、建築材料として多く使われる大谷石を採掘後に生まれる広大な地下空間が多数存在しています。この地下空間を有効利用するためのハード,ソフトのアプローチを大谷石の特性とともに紹介します。

アジェンダ

section.1 ⼤⾕の概要 (受講時間:9分00秒) 
section.2 ⼤⾕⽯の採掘と地下空間の過去と現在-1 (受講時間:17分40秒) 
section.3 ⼤⾕⽯の採掘と地下空間の過去と現在-2 (受講時間:11分26秒) 
section.4 ⼤⾕⽯採⽯跡の地下空間の未来 (受講時間:14分26秒)

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 1.0単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section.1
⼤⾕の概要

section.2
⼤⾕⽯の採掘と地下空間の過去と現在-1

section.3
⼤⾕⽯採⽯跡の地下空間の過去と現在-2

section.4
⼤⾕⽯採⽯跡の地下空間の未来

CPD申請書

※「2020 第6回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。



「2021 第6回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

2021 第7回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

清水寺と土砂災害 – 最近の境内斜面崩壊事例と現地モニタリング –
受講時間:56分

講師

立命館大学 深川 良一 先生
清水寺と土砂災害 最近の境内斜面崩壊事例と現地モニタリング

概要

清水寺は我が国を代表する文化遺産であるが、近年幾度も土砂災害を経験している。本講演では、清水寺の近年の土砂災害の概要、境内斜面に設置したモニタリングシステムの計測結果、斜面内水分量分布状況の把握に向けた取り組みについて紹介する。

アジェンダ

section.1 最近の降雨、集中豪雨、台風の傾向 (受講時間:08分10秒) 
section.2 清水寺境内斜面における土砂災害 (受講時間:27分45秒) 
section.3 清水寺における立命館大学ジオメカニクス研究室の取組 (受講時間:20分45秒) 

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 1.0単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section.1
最近の降雨、集中豪雨、台風の傾向

section.2
清水寺境内斜面における土砂災害

section.3
清水寺における立命館大学ジオメカニクス研究室の取組

CPD申請書

※「2020 第7回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。




「2021 第7回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

2021 第8回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

斜めケーブル形式橋梁のケーブル安全率の解析的考察
受講時間:84分

講師

横浜国立大学  勝地 弘 先生
斜めケーブル形式橋梁のケーブル安全率の解析的考察

概要

耐風安定性に優れた長大橋梁形式として、斜張橋、吊橋を組み合わせた斜張吊橋があるが、その最適な構造パラメータについて、構造力学、空気力学の観点から解析を行い、検討した。また、近年、海外の長大橋梁において採用されている新構造形式について考察を行い、その有効性を検討した。

アジェンダ

section.1 斜めケーブル形式橋梁のケーブル安全率の解析的考察 (受講時間:34分11秒) 
section.2 耐風工学の観点から見た近年の新型式長大橋技術-1(受講時間:38分28秒) 
section.3 耐風工学の観点から見た近年の新型式長大橋技術-2(受講時間:12分27秒) 

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 1.4単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section.1
斜めケーブル形式橋梁のケーブル安全率の解析的考察

section.2
耐風工学の観点から見た近年の新型式長大橋技術-1

section.3
耐風工学の観点から見た近年の新型式長大橋技術-2

CPD申請書

※「2020 第8回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。




「2021 第8回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

2021 第9回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

技術資料 DVDを無料でご提供

WEB 技術セミナー以外に業務を行う際
お役に立つ技術資料 DVDを無料でご提供しております。
ご希望の方はボタンをクリックしてください。
(DVD
1種類です。)

日程

2021年1月18日~2021年6月30日

テーマ

逆解析による軟弱地盤の変形予測
受講時間:62分

講師

岡山大学 教授 西村 伸一 先生
逆解析による軟弱地盤の変形予測

概要

軟弱地盤での施工においては、一般に詳細な挙動計測がなされている。一方、近年、逆解析手法が、粒子フィルタ理論を用いた方法など、進化を遂げている。本講座では、計測データに基づいた逆解析による、軟弱地盤の挙動予測手法を解説する。

アジェンダ

section.1 逆解析による軟弱地盤の変形予測-1 (受講時間:14分30秒) 
section.2 逆解析による軟弱地盤の変形予測-2 (受講時間:25分04秒) 
section.3 逆解析による軟弱地盤の変形予測-3 (受講時間:22分25秒) 

CPD案内

本講座は、土木工学会認定 CPDプログラムです。
認定単位数 : 1.0単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録する際、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

※ 2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーにおいて
CPDポイントを既に取得しているテーマを再度視聴し、ご申請頂いても受講証明書の発行対象外となりますので予めご了承の程宜しくお願い致します。
2020 MIDAS建設分野ウェブ技術セミナーと同様のテーマのため、新規CPD申請者のみ対象となります。
2020年に取得したテーマかどうかご確認の上、ご申請頂きますよう宜しくお願い致します。

動画

section.1
逆解析による軟弱地盤の変形予測-1

section.2
逆解析による軟弱地盤の変形予測-2

section.3
逆解析による軟弱地盤の変形予測-3

CPD申請書

※「2020 第9回 MIDAS建設分野 ウェブ 技術セミナー」のCPDポイントを取得された方は
申請出来ませんので予めご理解ご了承の程宜しくお願い致します。

 
 
 


本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想及び受講確認番号のご提出が必要となります。

受講して得られた学びや気付き(感想)を下記の「受講感想欄」に100文字以上ご記入ください。




「2021 第9回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
技術資料
DVD無料提供
FEA NX
新規・追加導入
キャンペーン