The 16th

2020 第16回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

日程

2020年9月16日(水)~2020年12月31日(木)

講師 & テーマ

東京大学・東京理科大学 名誉教授 龍岡 文夫 先生

「土の締固めの原理 · 方法と設計への反映」

安定な土構造物の建設には、乾燥重量と含水比に加えて飽和度を管理した締固めが合理的である。本セミナーでは、この新しい締固め管理法の原理と方法を説明する。さらに、締固めの良否とともに、粒径に応じて厚くなるせん断層の発達に伴うひずみ軟化、強度・剛性の異方性、三軸・平面ひずみ圧縮等での強度の関係、排水・非排水強度の関係等を考慮して安定解析に適切に反映することが重要である。

この課題を、地震時土圧、基礎支持力、斜面安定を例として説明する。

アジェンダ

受講時間:109分

section.1 盛土締固めの目的(例として、盛土の耐震性向上) (受講時間:12分13秒)
section.2 締固め管理の合理化 – part.1 (受講時間:14分53秒)
section.3 締固め管理の合理化 – part.2 (受講時間:24分52秒)
section.4 締固めの効果を反映した設計の課題 – part.1 (受講時間:20分51秒)
section.5 締固めの効果を反映した設計の課題 – part.2 (受講時間:17分59秒)
section.6 締固めの効果を反映した設計の課題 – part.3 (受講時間:20分36秒)

参加方法

動画をご覧いただき、下記のCPD申請を行ってください。

CPD案内

本講座は、土木工学会認定CPDプログラムです。
認定単位数 : 1.9単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を申請月の翌月中旬までにご発行いたします。

【注意】土木学会以外のCPDに単位を登録することを鑑み、プログラムが認められるかどうかは、各団体のルールに従ってください。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

CPD申請書

 
 
 



本セミナーは「WEB」開催のため、受講証明書を発行するにあたり、
受講感想(100文字以上)及び受講確認番号のご提出が必要となります。





こちらは「2020 第16回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る