The 3rd

2020 第3回 MIDAS 建設分野 ウェブ 技術セミナー

日程

2020年5月11日~2020年6月30日

テーマ

midas FEAを用いたASR劣化したプレテンションPC桁の耐荷性能評価
受講時間:45分

講師

琉球大学 工学部 環境建設工学科  富山 潤 先生
midas FEAを用いたASR劣化したプレテンションPC桁の耐荷性能評価

概要

アルカリシリカ反応(ASR )により劣化したプレテンション方式のPC 構造物では、コンクリートの弾性係数およびプレストレスの低下などにより、耐荷性能の低下が懸念される。一方で、材料劣化したコンクリート構造物の耐荷性能評価に数値解析を適応する取り組みが行われ、その重要性が認識されてきている。しかし、ASR 劣化したプレテンション方式のPC 構造物に関する適応性の検討は十分ではない。本講演では、ASR 劣化したプレテンションPC桁に対して、midas FEAを用いた数値解析的な耐荷性能評価の一例を紹介する。

アジェンダ

section.1 アルカリシリカ反応(ASR)とは (受講時間:18分) 
section.2 ASR劣化したプレテンションPC桁の耐荷性能評価 (受講時間:20分) 
section.3 ASR劣化した耐震壁の正負繰り返し水平加力実験の再現解析 (受講時間:7分) 

参加方法

MIDAS 建設分野サイト(MUSS) から動画をご覧いただき、本サイトにてCPD申請を行ってください。

※MUSS会員登録が必要となりますので登録されていない方はこちらから登録をお願い致します。(無料)
既に会員登録されている方はそのままご覧頂けます。

CPD案内

本講座は、土木工学会認定CPDプログラムです。
認定単位数 : 0.9単位
受講後、CPDプログラムの申請をした方には受講証明書を発行致します。

土木学会CPDプログラム発行流れ
1.各セクションの途中に受講確認番号が画面に表示されます。
2.それを下記の記入欄に受講者様の情報と一緒に入力し、申請ボタンを押します。
3.受講確認番号を確認後、メールにてCPD認証書を発行いたします。
※ メールアドレスの間違いないようお願いいたします。

CPD申請書

 
 
 

こちらは「2020 第3回 MIDAD 建設分野 ウェブ技術セミナー」のCPD申請ページでございます。
ご記入内容を再度ご確認の上、「申込登録」をお願い致します。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る